なぜ学資保険が必要なの?子供の教育費は1000万円超!?

学資保険は、お子さんがいれば必ずしも入らねければいけないという保険ではありません。
金銭的に余裕があったり、将来の教育費がすでに用意できているのであれば必要ありませんし、別の方法で自分で貯める予定がある人は、学資保険に入る必要はないのです。

 

でも、そうでない場合は、やはり何らかの形で教育資金を積み立てる必要があります。
なぜかというと、子供の教育資金は想像以上に高く、「住宅資金」「老後資金」とならび、”人生の3大支出”の1つと言われる大きな出費だからです。

 

では、実際どれだけのお金がかかるかというと・・・

 

(年間) 公立     私立
幼稚園 約23万円 約49万円
小学校 約31万円 約142万円
中学校 約45万円 約130万円
高校(全日制) 約39万円 約97万円
大学(昼間部) 約116万円 約177万円

 

★文部科学省「平成24年度子供の学習費調査」および、 独立行政法人日本学生機構「平成24年度学生生活調査」より

 

幼稚園から高校は、学校の授業料や学校給食費、塾や習い事などの学校外活動費の合計、大学は、自宅通いの学費と生活費の合計ですので、寮に入ったり下宿したりする場合は、さらに出費が大きくなります。

 

特に私立の学校や大学進学を考えている方は想像以上に教育費がかかりますし、学校だけでなく塾や習い事に行かせたり、家庭教師をお願いしたり、宿費用が必要になることも。

 

上記の金額は年間でかかる教育ですので、実際はそれぞれの在学期間をかけた費用が必要になります。たとえば、一番お金がかかる大学で見ると・・・

 

公立の大学に4年間通うと 年間116万円×4年間=464万円
これが私立の大学になると 年間177万円×4年間=708万円  

 

想像以上に高いですよね・・・(-_-;)

 

年間に100万円以上の支出が4年も続くとなると、相当な蓄えが必要になります。
子供1人にかかる教育費は1000万円とよく言われますが、オール私立の学校に通わせた場合は1000万円をはるかに超えていきます。公立と私立では倍以上かかる費用が違い、過去の調査結果を見ても大きな差があり、今後もこの差が縮まるとは考えにくいと思われます。

 

そのうえ、お子さんが2人、3人となれば教育費も2倍、3倍と増えていきますので、教育費が家計を大きく圧迫していくことはあきらかですね。とはいえ、かなかこの金額を普通に生活していく中で自分で貯蓄していくのは難しいのではないでしょうか?

 

学資保険は教育資金を安定的に貯めていくために有効な手段ではありますが、ほかの方法があるか少し考えてみましょう。

 

<まずは家計を見直してみる>

1人のお子さんに必要な教育費は1000万円とされていますが、これを18年で貯めるには、年間約556,000円、月にすると約46,300円の貯蓄が必要となります。

 

貯蓄は、収入の1割を目標にすると言われますが、1割を貯蓄しても毎月46,300円に届かないご家庭も多いと思います。それ以上の貯蓄は家計にとっては相当な負担ですよね。

 

今の低金利の時代、銀行に預けて貯蓄を増やすというわけにもいかず、おまけに今後、消費税が上がっていくことも考えられますので、貯蓄をするためにもどのご家庭でも家計の見直しは必要になると思います。

 

貯蓄を増やすためには、収入を増やすか、支出を減らすしかありません。
でも、収入は毎月大きく変動することはなく、ある程度金額は決まっていますので、増やすことは難しいですよね?となると見直すのは支出ということになります。

 

・これって本当に必要なもの?
何に使ったかわからない使途不明金って誰にでも覚えがあるのではないでしょうか。
これを明らかにするためには家計簿をつければいいのですが、毎日家計簿をつけるのが負担になる人は、お金を払うときに「これは本当に必要なのか?教育費を貯めるためにガマンできないものか?」と自分で確認するようにしましょう。支出をその場でチェックすれば、あとで使途不明金が出てきても、「必要だったものうを買った」することができます。

 

・住居費を見直してみる
家計の中でも大きな支出を占める住居費用は、賃貸の人でも持ち家の人でもその費用を手取りの25%を上限にすることが望ましいとされています。それ以上の支出は家計のバランスを壊す原因になりかねないからです。もし、賃貸で25%をオーバーしているなら、引っ越しを考えたほうがいいかもしれませんし、持ち家で住宅ローンを支払っている人は、住宅ローンの見直しを行うともっと金利が安く借り換えられるかもしれません。資金に余裕のある人は、繰り上げ返済を行えば全体の支払い総額を減らすことができます。

 

・加入している保険を見直す
保険も将来のことを考えて、いくつか入っている人も多いのではないでしょうか。
加入したら安心してそのままほかったらし・・・とされがちですが、実はライフスタイルが変われば保険の内容も見直す必要があるのです。必要以上の保障はかえって無駄になりますし、保険同士が保障内容が重複していることもあります。また、新しい保険商品もぞくぞく出てきていますので、もしかして加入している保険より、もっと自分に合ったものがあるかもしれません。
自分で保険の保障内容のチェックや管理が難しい場合は、ファイナンシャルプランナーにお願いすると保険だけでなく、家計の無駄がチェックできるメリットもあります。

 

ほかにも、生命保険や自動車保険は年払いにして割り引いてもらったり、外食を控えたり、契約している電気のアンペア数を見直したり、ライフスタイル自体を見直すことも大切なことです。1つ1つは小さいことかもしれませんが、積み重ねていけば必ず節約につながっていきます。

 

無理をしない程度の節約が基本。無理をすれば続きませんので、続けられるようにメリハリをつけ、お祝いや特別なときはケチケチせずに節約をひとやすみして楽しむことも必要ですね。

 

<奨学金の利用を考えてみる>

高校や大学に進学するときに教育資金が足りなくなった場合、奨学金制度を利用をする人もいらっしゃいます。
奨学金制度には、返済が免除される「給付型」と返済義務がある「貸与型」があり、大学やいろいろな企業、財団法人が実施しています。それぞれで給付の条件は違いますので、必ず確認するようにしましょう。

 

給付型は返済しなくていいので、誰もがこの給付型を希望したいと思うのですが、やはりそこは選考基準が厳しく、「成績が優秀なこと」が条件になっています。また、奨学金のほとんどが貸与型ですので、給付型を受けられる人はほんのわずか。

 

では、貸与型はどうでしょうか?

 

貸与型の代表格は、独立行政法人 日本学生支援機構による奨学金で、最も利用者が多い奨学金制度です。

 

この奨学金は大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)および大学院で学ぶ学生のための奨学金で、学生本人が借りて、卒業後に返していくものとなっています。

 

日本学生支援機構の貸与型は、「第一種奨学金(無利子)」と「第二種奨学金(有利子)」の2種類があり、どちらも誰でも利用できるわけではなく、それぞれ選考基準が設けられています。
第一種奨学金を利用するには、成績が特に優れ、経済的に厳しい状況であることが条件となっていて募集枠も少ないですが、第二種奨学金はそれよりもゆるやかな基準となってます。
第二種奨学金は在学時は無利息ですが、卒業してから完済するまで年利3%を上限にした利息がかかります。

 

貸与型の奨学金は、あくまで子供自身が借りて子供自身が返していくという、”子供の借金”ですので、将来負担にならないようにしたいものですね。

 

<教育ローンという手も>

教育ローンは奨学金とは違い、親が借りて返済していく、”親の借金”となります。
教育ローンは、奨学金を借りられなかった場合や、奨学金では足りなかった分を補うために利用を考えるばあが多いのですが、奨学金より手続きが簡単で借りやすく、使い道も学費・受験の際の交通費や宿泊費など幅広いのが特徴です。

 

一般のローンより金利が低いメリットはありますが、金利が高いデメリットもありますので、借りる前に慎重に考えるようにしましょう。

 

教育ローンは、「公的ローン」と「民間ローン」の2種類があります。

 

◆公的ローン
公的ローンは、株式会社 日本政策金融公庫という公的機関が教育資金を融資する資制度で、
上限300万円の一括貸付、返済期間は15年以内、平成26年4月現在の金利は年率2.35%となっています。
奨学金との併用もでき、成績が優秀でないといけないような学力の条件はないため、利用しやすくなっています。

 

◆民間ローン
銀行や信用i金庫、信用組合、JAなど全国の金融機関で取り扱っています。
公的ローンよりも利用範囲が広く使いやすいのですが、金利が少し高めの場合が多いようです。
最近は商品のバリエーションも多くなってきていますので、よく比較・検討して自分のニーズに合った商品を選ぶようにしましょう。

 

 

教育ローンも奨学金制度と同じく、利用者の年齢や収入などの条件がある場合も多いので、利用前にはよく確認するようにしましょう。また、利用は完済できるように無理なく借りるよう将来のマネープランも合わせて考えると良いと思います。


>>保険見直しの無料相談でオススメはありますか? TOPページへ戻る