持病があっても学資保険に入れる?嘘の告知をしたらどうなる?

学資保険に契約者の死亡保障をつける場合、「告知書」で健康告知をする必要があります。

 

健康告知は、病院に行って診察を受ける必要はなく、告知書に自分で健康状態を記入して出すだけですので、手間がかからないのは助かりますね。
でも、自分で書くだけなら・・・と適当に書いてはなりません。この告知書は保険会社が学資保険に加入できるかどうかの判断材料とするため、その記入内容が大きく関わってくるからです。

 

では、もし契約者に持病があったら・・・?

 

持病がある人は、その病気のその程度によっては学資保険の契約ができないこともありますので、どのような加入基準になっているのかとても気になるところですよね。

 

そこで、ある大手保険会社の告知書を見てみると・・・

 

 

・氏名・性別・生年月日・身長・体重・職業
・最近3か月以内に医師の診察・検査・治療・投薬を受けたか?
・過去2年以内に健康診断・人間ドックで異常があったか?
・過去2年以内に経過をみるための診察・検査を受けるようにすすめられたか?
・過去5年以内に手術を受けた、または継続して7日以上の入院をしたか?
・過去5年以内に初診から終診までの期間が7日以上にわたる診察・治療・投薬を受けたか?
・現在、手・足の欠損または機能に障害があるか?
・現在、視力・聴覚・言語・そしゃく機能に障害があるか?

 

 

などというような確認項目が記載してありました。

 

具体的な病名ではなく、「どのような治療の状況か?」ということが重要のようで、告知する健康状態によっては学資保険への加入が難しくなります。
加入できるかどうかは、最終的には保険会社で審査のうえ判断されますが、その基準は保険会社によって異なります。そのため、ある保険会社で審査に通らず断られても、ほかの保険会社では加入できる可能性もあるということです。

 

そしてもう1つ!

 

上記の告知書の項目を見て、”あれっ?”って思いませんでしたか?
告知書の中に、「契約者の職業」を記入する欄があるんです。
なぜ職業欄があるかというと、危険度の高い職業についている人は持病がある人と同じように、健康で危険性がない職業に就いているほかの加入者との公平性を保つためにチェックされます。
命の危険のリスクが高い人と低い人が同じ金額の保険料では不公平になるからです。また、保険会社自体も保険金の支払いリスクが高まりますので、審査ではしっかりチェックされるのです。

 

でも、具体的にどんな職業が危険とみなされるのか気になったので、ある大手保険会社に問い合わせてみたところ・・・

 

「具体的な職業が何かはお伝えできませんが、健康告知と合わせて総合的に加入できるか判断します」

 

と言われました。具体的な職業名はおしえてくれませんでしたが、たとえば消防士や警察官、高いところで作業したり、爆発物などを取り扱う職業などが危険が高い職業とされる場合があるようです。

 

<審査に通らなかったらどうしよう?>

もし、契約者である親の病気が原因で保険会社の審査に通らなかった場合、一体どうやって教育資金を貯蓄したらいいか悩んでしまいますよね?
でも、審査に通らなくても学資保険に加入できる方法がありますので、ぜひ検討してみてください。

 

◆死亡保障をなくす
健康告知は、契約者の死亡保障をつける場合に必要ですが、逆に言うと死亡保障をつけなければ保険の部分がなくなるため、告知は必要なくなります。死亡保障なしの学資保険は貯蓄の機能だけになりますが、保険をなくすことで返戻率が上がり、貯蓄性がアップするというメリットもあります。
健康な人でもほかに生命保険に入っていれば、死亡保障なしの学資保険を選択するほうが保障が重複しないため、よりお得に貯蓄できますよ。

 

◆妻が契約者となる
もし、夫が健康に問題があって審査に通らない場合、妻が健康に問題がなければ妻が契約者となり死亡保障をつけるという手もあります。妻がほかに生命保険に加入していなければ一石二鳥。
たとえ専業主婦の妻に万一あった場合、男手ひとつで育てるのもそれなりにいろいろ費用はかかります。また、年齢制限はありますが、おじいちゃん、おばあちゃんでも契約者となることも可能です。

 

 

また、学資保険にこだわらなければ、ほかにも教育資金を貯める方法はいくつかあります。

 

・自動積立定期預金
銀行などで扱っている自動積立定期預金なら、毎月、普通預金から自動的に定期預金に振り替えますので、手間なく積み立てられることができます。
振り替える金額や日にち、満期日は自分で決められます。

 

・財形貯蓄
財形貯蓄は、会社が従業員に対する福利厚生制度ですが、会社によってはこの財形制度がない場合もあります。毎月、給与から天引きされて積み立てていきますので、確実に貯蓄することができるうえ、解約も会社を通して手続きする必要があるため、簡単に下ろしづらいのも貯まる要素に。

 

・個人向け国債
個人向け国債とは、日本が発行する債権(国の借金)を個人が購入するもので、年に4回発行されます。満期は、3年(固定金利)、5年(固定金利)、10年(変動金利)があり、半年ごとに利息がもらえ、満期時に元本がかえってくる商品。
国が発行するためリスクが低く、ほかの金融商品より金利は高めですが、万が一、日本が財政破たんした場合は元本は保証されないということをお忘れなく。

 

・投資信託
投資信託は、投資のプロにお金を託して株式や債券などに投資・運用してもらうもので、毎月1万円から投資が可能です。プロが投資家から集めた資金をまとめて運用し、利益が出たらそのぶん手元にかえってきますが、逆に損することもあり、元本が保証されている商品ではありませんのでご注意を。教育資金を確実に確保したい人はあまりおすすめできません。

<もし、告知書に嘘を書いたら・・・?>

持病があると、学資保険に入れないかもしれない・・・
医師の診察も診断書もいらないなら、告知書に病気のことを書かなければわからないかも・・・

 

学資保険に加入したいがために、病気を隠して告知書に嘘を書いてしまったらどうなるのでしょうか?それがもし嘘だとあとでわかってしまったら・・・?

 

一般的に保険会社の約款には、下記のような記載があります。

 

 

故意または重大な過失によって、事実を告知されなかったり、真実と違うことを告知された場合は責任開始日からその日を含めて2年以内であれば、当社は「告知義務違反」として基本契約または特約を解除することがあります。
この場合には、保険金などのお支払いを行うことができませんので、お客様に不利益となります。

 

 

やはり、告知は加入者の「義務」。
被保険者が嘘をつくなど、”故意”に告知の義務を怠った場合は、「告知義務違反」となり、保険会社は契約を無効にすることができます。この場合、今まで支払った保険料は戻ってきませんし、解約返戻金も支払ってもらえません。それどころか、悪質な場合には法的な罰則を受ける可能性もあります。

 

そして、約款をよく見てみると、「2年以内であれば・・・」とありますので、2年以上経てば契約解除とはならないの?」と考えてしまいがちですが、決してそうではないようで、嘘が詐欺とみなされたり、満期保険金などを不当に取得する目的で契約した場合は、2年という期間に関係なく契約が無効になるので要注意!そうなってしまうと、教育資金として頑張って積み立てた努力が水の泡になり、教育資金がなくなってしまいます。

 

 

持病がある人は、一般的に保険の加入が難しくなりますが、審査基準は保険会社によって違い、申し込んだ保険会社に断られても、もしかしたらほかの保険会社では加入できることがありますので、事実を隠さず正直に申告するようにしましょう。
そして、病気になる前の健康なうちに申し込むことが大切ですね。


>>保険見直しの無料相談でオススメはありますか? TOPページへ戻る