学資保険の選び方のポイント

保険会社によって、「保障」を重視している商品と「「貯蓄性」を重視している商品にわかれます。
たくさんの商品がある中で、どれがもっとも我が家に合ったものなのか
家計の状況や家族構成、将来のライフプランによって変わってきます
最適なものを提案

 

まずは、
・子供の保障はいるか
・契約者の保障はいるか
・満期はいつにするか
・満期保険金はいくらにするか

◆返戻率を確認する!

学資保険の最大の目的は、「教育資金を貯めること」ですね。
同じお金を払い込むのであれば、少しでも多く手元にかえってくる商品を選ぶことが一番!
その基準になる返戻率は大きなポイントになります。
返戻率が高ければ高いほど貯蓄率が高い商品ですので、ここは要チェック
です!

◆保障内容を確認する!

学資保険の中には、契約者である親が万が一亡くなったり、高度障害状態などになった場合にそれ以降の保険の払い込みが免除になる保障がついている商品もあります。
親に万が一のことがあれば、その後も継続して保険料を払い続けることは、経済的にくるしいものです。
ほかに生命保険などに加入して充実した内容になっていれば保障はなくてもいいのですが、もしそうでなければぜひ付けることも検討してみてください。
一家の大黒柱にもしもがあったときでも学資保険が継続できれば、進学もあきらめることはありません。

◆利便性を確認する!

学資保険の多くは、お子さんが大学に進学する18歳が満期となっていて、その時にお金が受け取れるようになっています。
決まった満期以外にも、必要なときにお金を受け取ることができる

◆無理のない保険料に!

教育資金は少しでも多いほうがいいですよね?
でも、毎月の保険料の支払いに余裕がないと、
中途解約しては、元本割れする可能性が大きいだめ、もったいないことになります。
そのためにも、少しくらい多めに出費することがあっても支払いができる

 

 

学資保険もいろいろ種類がありますので、自分にどれが合うのか迷ったら
資料を取り寄せても、自分で比較するのは難しかったり、内容がわかりづらかったりしがち
学資保険選びが自分では難しいと思った人は、一度保険のプロのFPに相談すると自分のライフスタイルに合った学資保険に出会えるかも


>>保険見直しの無料相談でオススメはありますか? TOPページへ戻る