契約者をパパじゃなく、ママにすることもできる?

子供のための保険契約って聞くと、契約者はやはりパパってイメージがありますが、ママが契約者になるケースもあるんです。
学資保険の多くは、契約者の死亡保障がついて、契約者が亡くなった時にそれ以降の保険料の払い込みが免除となります。そのため、契約者を大黒柱であるパパにしていざというときに備えるのですが、ほかにパパが充分な死亡保障がついた生命保険に加入している場合は、ママが契約者になる手もあります。
パパとママのそれぞれに万が一のことがあっても安心できるというメリットがあるわけです。

 

一家の大黒柱であるパパにもしものことがあった場合を考えて

 

そのうえ、パパよりママのほうが保険料が少し安く設定されていますので、返戻率もあがります。
同じ年齢でも女性の方が保険料が安い

 

死亡保障のついた保険にパパが学資保険以外の別の保険に加入しているケースも多く、そのような場合はママの万一の時のために学資保険の契約者はママにすることも

 

ただし、学資保険は年末の保険料控除の対象となるのですが、もしママが収入が少なく、年末調整もしくは確定申告の対象外であるなら、その控除を受けることはできなくなりますので、要注意。
全体を比較してよく考えてみるように

 

同じ保障内容であれば、契約する親の年齢が低い方が支払う保険料総額は少なくなりますので、返戻率は高くなります。

<祖父母が孫のために加入できる>

お孫さんへ何かしてあげたいと思う気持ちは、もしかしてご両親以上に思うかも
教育資金の援助というかたちをとる祖父母の方も増えてきています。
大きな助けとなります

 

多くの保険会社では、学資保険の契約者は、「両親」か「3親等以内の親族」となっています。
そのため、おじいちゃんおばあちゃんが契約者となることも可能です。ただし、その場合は両親の署名が必要になりますので注意。

 

保険の契約者となる祖父母の方の年齢や健康状態で加入できるか異なります。
一般的に健康告知のみで、医師の診査を受ける必要はありません。
ただ、出産前の加入は、お子さんの父親もしくは母親に限りますので、その場合は
一般的に学資保険の契約者となる人には年齢制限があります。

 

・契約者は親で、保険料の引き落としを祖父母の銀行口座で引き落とす方法も


>>保険見直しの無料相談でオススメはありますか? TOPページへ戻る