車両保険の免責金額って何?

 

車両保険には免責金額を設定できます。
月々または年払いの保険料は免責金額によって大きく変わってきます。

 

免責で一番多いのが、1回目は5万円、2回目以降は10万円という免責金額の設定があります。
これは、どういうことかと言うと1回目の事故で5万円は自己負担(自腹)で、残りの金額は保険会社が出してくれます。2回目以降の事故の場合は10万円は自腹で、残りは保険会社が支払ってくれるということです。

 

免責金額とは、自腹で払う金額をいくらにするかということで、保険金額も大幅に変わってきます。

 

例えば、「免ゼロ特約」というのもがあります。特約なので付ければ支払う保険金は高くなります。
設定は1回目ゼロ円、2回目以降5万円でもいいですし、1回目ゼロ円、2回目以降もゼロ円なんていう設定の仕方もできます。
ようするに、事故した時は全部保険会社が支払ってくださいっていう設定なんですが、もちろん支払う保険料は高くなるという特約です。

 

逆の考え方で、車両保険は金額が高くなった場合だけ面倒をみてほしいという方もいます。免責金額の設定は1回目10万円、2回目以降も10万円にすると、支払う保険料はグンと安くなります。

 

支払う保険料を少なくしたいという場合は、免責金額を色んなパターンで複数の保険会社に出してもらうと、設定の仕方で支払う保険料の違いがわかります。
どのパターンが自分に一番合っているのか決定することができるので、免責金額についてはいくつかのパターンを出してもらうことをオススメします。

対物賠償保険

 

対物賠償について説明します。
対物賠償は、物に対しての保証です。例えば、車と車がぶつかりました、お互いに過失があった場合、お互いの任意保険の対物補償保険で損害を補うことができます。
車の修理費用はこの対物保証で支払われますが、自賠責保険にしか入っていない場合は車の修理費用は出ません。(自賠責保険は相手の人(ケガ等)にしか支払われません。)
ですので、任意保険の対物保証に入っておくのがベストだと思います。

 

車だけでなく、単独事故にも保証してくれます。
車を走らせていて、ガードレールや電柱にぶつかってしまった場合にも、対物賠償で破損してしまったガードレールや電柱も保証してもらえます。
時々ニュースで見ることもありますが、店舗やコンビニにぶつかってしまうということが稀にありましが、これも対物賠償で保証してくれます。

 

対物賠償の保証金額の設定ができます。この、対物賠償に加入している方の90%以上が「無制限」で設定しています。人身傷害も「無制限」で加入することをオススメします。

 


>>保険見直しの無料相談でオススメはありますか? TOPページへ戻る