自動車保険のチェックポイント

 

自動車の保険には、自賠責保険という強制保険があります。これは、相手に対してだけお金が支払われるだけなんですね。自分にはお金は出ません。それを補填すつ意味で任意保険という保険に皆さん入っていると思います。
任意保険に入るときの注意点やチェックポインを紹介します。
「1、車両保険」
友人や知人から5万円や10万円で譲ってもらった車に車両保険をつける人は、あんまりいないと思います。100万円以上のお車や、新車で200万、300万という場合は絶対に車両保険に入ることをオススメします。

 

車両保険に入る場合は、必ず「一般」というので加入してください。「エコノミー」という安いものもあります。車両保険は入ると、保険料が倍になっちゃうくらい高いです。高いので保険屋さんによってはエコノミーを勧める方もいます。

 

ただ、エコノミーだと盗難の場合はお金が出ない、単独事故の相手がいない場合もお金もお金は出ません。でも、事故は相手がいない場合って結構あると思います。例えば、犬を避けようと思って壁にぶつかってしまったとか、電柱にぶつけてしまったなど。こういう場合に、車を直すお金が出ないと困りますよね。

 

ですから、車両保険は必ず「一般車両保険」というので入りましょう。

 

「2、搭乗者傷害」
今は、人身傷害保険といいます。昔は搭乗者傷害というものしかなかったんです。車に乗っている人の治療費を払う保険です。自分に過失があると過失割合で減額されてしまいます。100%自分が悪いと1円も出ません。

 

でも、それでは困るということで今は「人身傷害保険」といって、100%自分が悪くてもちゃんとお金が出る保険に切り替わっています。
ただし、治療費は一時的に自分が立て替える必要があります。もちろん、お金はもらえますが治療費が確定してから支払われます。すぐにはもらえないということですね。

 

これを補填する意味で、人身傷害保険に入っていても搭乗者保険(入通院定額給付金という名前に変わったようです)を最低限500万円つけておくのオススメです。
ケガをしたときに、骨折に対していくら、上腕部、足、頚椎捻挫はいくらと決められており、すぐにお金が支払われます。

 

人身傷害保険に入っていても、搭乗者保険(入通院定額給付金)を最低500万円は付けておくのがポイントです。

 

「3、個人賠償責任特約」
個人賠償といいますが、普段の日常性活で他の人の財産を傷つけてしまったという場合に保証してくれるという損害保険があります。
これは、自動車保険に付けると一番安く入ることができます。ですから、個人賠償は自動車保険ではいるのがポイントです。

 

この3点がクリアしているか一度見直してみることをオススメします。


>>保険見直しの無料相談でオススメはありますか? TOPページへ戻る